Pocket

相談任意整理などの債務整理をすると、一定期間ローンを組めなかったり、クレジットカードを作れなくなったりといったデメリットもあります。こうしたことを嫌がって債務整理をためらう方もいるのですが、特に多重債務に陥っている方はそもそも新たなローンを組んだりカードを利用したりすることを考えるよりも、経済状態を健全化することのほうが先決ですので、勇気を持って債務整理に踏み切った方の多くが「もっと早く債務整理すればよかった」という感想を漏らしています。すでに複数の消費者金融などから借金をしている場合はなるべく早く弁護士に相談する必要があると言えるでしょう。

なかには長年返済を続けているという人もいるでしょうが、過払い金がある可能性がある方はすぐに弁護士に相談して、過払い金請求が可能かどうか調べることが必要です。場合によっては戻ってきた過払い金で借金の残額が返済できて借金が一気にゼロになる可能性もあります。もちろん弁護士費用も取り返したお金の中から支払えますので安心です。借金の状態は人それぞれですが、いずれにしても早期解決の糸口をつかむためには専門家のアドバイスが必要です。債務整理の相談は法律事務所にするのが賢明だと言えます。